アスリートに多い前十字靭帯損傷・断裂とは?原因や症状、治療法まとめ

ラグビーの試合

「膝がガクッとくずれる…」

「突然走ったり止まったりするのが怖くなった」

など、膝の不安定を感じていたら“前十字靭帯損傷・断裂”かもしれません。

スポーツをしている人に多い怪我の1つで、トップアスリートで悩んでいる人も少なくありません。

ここでは、前十字靭帯とはどこの靱帯なのか、損傷・断裂の原因やその症状、治療法までまとめています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




前十字靭帯(ACL)とは?

前十字靭帯とは、膝関節の中にある大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)を結ぶ強靭な靱帯のことを言います。

この前十字靭帯は、脛骨のが前方へずれるのを防ぐ役割をしています。

膝の関節の中には他にも後十字靭帯・外側側副靱帯・内側側副靱帯があるのですが、この中でも前十字靭帯が日常生活やスポーツ活動にとても大切な働きをしているんです。

前十字靭帯損傷・断裂とは?【原因】

前十字靭帯損傷・断裂とは、その名の通り“前十字靭帯が強い衝撃により損傷・断裂したこと”を言うのですが、ここで損傷とは靱帯が伸ばされて部分断裂したことを言い、断裂とは靱帯の完全断裂を言います。

前十字靭帯損傷はスポーツ中に起こる外傷でよく知られています。

バレーボールやバスケットボールの選手はジャンプの着地時、スキーやサッカー、バスケットボールの選手は急激に方向転換したり、急に止まったり走りだしたりする際に受傷します。

ラグビーや相撲、格闘技の選手などは体重が重いため、その分膝にかかる負担も大きくなり、さらに相手選手との接触で前十字靭帯を痛めてしまうのです。

前十字靭帯損傷・断裂の症状

受傷した時の症状

まず前十字靭帯を損傷した時の症状ですが、

  • 膝に激痛がはしる
  • 「ブチッ」などといった筋が切れる音
  • 膝崩れが起きる(ガクッとずれるような感じ)

などがあげられます。

前十字靭帯損傷・断裂による自覚症状

前十字靭帯を損傷・断裂をした方にはこのような自覚症状が見られます。

スポーツ中

  • ジャンプの着地が怖い
  • 全力疾走・ダッシュができない
  • 急激な方向転換が怖い
  • 急に止まることができない

日常生活

  • 階段の下りが怖い
  • でこぼこ道が怖い

まだ病院を受診していない方も、このような自覚症状があれば前十字靭帯損傷、または断裂を疑いましょう。

損傷、断裂の違い

先ほど損傷は部分断裂のこと、断裂は完全断裂のこととお話ししましたが、症状にも違いが出てきます。

部分断裂

  • 強い腫れ
  • 膝を曲げ伸ばししようとするとかなり痛む

完全断裂

  • かなり強い腫れ
  • 膝を曲げ伸ばししようとすると激痛がはしる
  • 関節を動かさなくても痛む

また、前十字靭帯断裂の場合、受傷直後はあまり痛みを感じず、数時間後に強い痛みとともに膝が腫れたということが多いようです。

前十字靭帯損傷・断裂の治療法

大きく分けて2つの治療法をご紹介します。

保存治療

手術を行わない方法です。

膝用サポーターなどを使い、保護しながら膝が正しい動きになるようにリハビリを行っていきます。

ですが、一度伸びたり断裂してしまった前十字靱帯は自然に引っ付くことはほとんどありません。これは前十字靭帯が膝関節の中にある特殊な靱帯であるため、血流が少ないからです。

このため、プロのアスリートの人やスポーツ復帰をしたい人には、ほぼ手術以外の選択肢はないのです。

逆に、一般人の方で日常に支障が出なければ良い人や中高年の人はこの保存治療も選択肢に入れられます。

手術

若い人やスポーツ復帰を希望する人は手術が必要になります。

手術は主に自分自身の身体の部位の靱帯を利用する靱帯再建術が行われ、ハムストリングスや膝蓋靱帯を使う方法があります。

ハムストリングスを使う方法の方が傷が小さく、より正常な靱帯の動きに近いので多く行われています。

スポーツ復帰で最低半年以上、競技レベルとなると最低でも1年~1年半は回復に時間がかかります。

さいごに

スポーツをしている人にとって大事な膝を痛めてしまうのはショックなことですよね。大体の人が手術を選択すると思いますが、手術後のリハビリも簡単なことではありません。

なので、常に自分がどこまで回復したいのかをしっかり頭において、復帰するまでめげずに頑張ってくださいね。

▼手術後に使って頂けるおすすめの膝サポーターはこちら。

前十字靭帯損傷・断裂時に【ザムストZK-7】をおすすめする4つの理由
数ある前十字靭帯損傷・断裂用の膝サポーターの中でも、なぜザムストZK-7をおすすめするのか?をお話ししたいと思います(^_^)一般的にサポーターの固定力が強いと、スポーツをしていると動きにくかったりするイメージがありますが、このZK-7は違います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告