気になる膝裏の不快感…ベーカー嚢腫におすすめの膝サポーター2選!

50代、60代の女性に多い“ベーカー嚢腫(のうしゅ)”。

いつの間にか膝裏にポコッとしこりが出来て、病院で水を抜いてもらってもまたすぐ水が溜まるし、膝の裏の不快感が気になる…。

なんてことはありませんか?

ここではそんなベーカー嚢腫に効果的なサポーターをご紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




ベーカー嚢腫(のうしゅ)について

ベーカー嚢腫は、膝への負担による変形性膝関節症や半月板損傷、反り膝などの膝トラブルが原因で起こります。

その膝へのトラブルにより過剰につくられた滑液(膝をスムーズに動かす役目)が膝裏の滑液包という袋にたまり、大きなコブとして膝の裏に現れるのです。

痛みはほとんどないことが多いですが、人によって痛みが伴うこともあります。

膝裏にゴルフボールくらいの大きさの膨らみが出来るため、違和感圧迫感、膝を伸ばした時には常に張っているような感覚があります。

膝の裏にしこり?ベーカー嚢腫(のうしゅ)かも!原因・症状・治療法
「膝の裏が腫れていて違和感や痛みを感じる」「膝を伸ばすとツッパリ感がある」もしかするとそれ、50歳代、60歳代の女性によく起こるベーカー嚢腫かもしれません!

膝サポーターの効果は?

ベーカー嚢腫の根本原因は膝関節のトラブルにあります。

その根本原因が分かれば、注射で水を毎回抜くようなことをしなくても、腫れが消えることも多いです。

膝関節のトラブルは、元々膝への無理な負担などが原因となります。

膝サポーターをつけることで膝の負荷を軽減・分散させるとともに、膝を補助してくれるんです!

膝を補助することによりベーカー嚢腫を改善することにも繋がります。

膝裏部分にパッド入りの膝サポーターは、屈曲制限の手助けにもなりますし、滑液がこれ以上溜まらないように圧をかけることができるのでおすすめです!

ベーカー嚢腫におすすめの膝サポーター2選

それではベーカー嚢腫(のうしゅ)におすすめのサポーターをご紹介しますね。


膝裏クロスXG/bonbone

厚手生地で寒い冬場にはぴったりの膝サポーター。しっかりとしたホールド感で膝への不安が解消されます。

ずれにくい生地で、膝裏には取り外しも可能なパッドも入っているので、ベーカー嚢腫で膝が真っすぐ伸ばしにくい!という人におすすめです。

フロントオープンタイプなので、簡単に調整もしやすい構造♪

膝上10cm周囲、30~60cmに対応でフリー・LLサイズがありますよ。


薄型膝裏クロスXG/bonbone

膝裏クロスXGの薄型版!汗っかきな人や夏場におすすめしたい膝サポーターです。ブラックに加えてベージュもあるので肌になじみます。

こちらも同じように膝裏には取り外し可能なパッドがあるので、ベーカー嚢腫の屈曲制限を補助します。

色々な症状に合わせた巻き方があるのも嬉しいポイント。

膝上10cm周囲、35~60cm対応でフリー・LLサイズがあります!

まとめ

今まで見たことのないような大きさのしこりが膝の裏に出来るので、不安になりますし、すぐ手術をしないといけないのかな?と思いがちですが、そうではありません。

まずは病院を受診し、根本原因を見つけて治療していってくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告