半月板損傷におすすめのサポーター4選!アスリート必見のスポーツ向け

半月板損傷に悩む選手

スポーツをしている人だったら、誰もが悩んだことがある膝関節の怪我。

今回は、スポーツ中によく起こる「半月板損傷(はんげつばんそんしょう)」について、その半月板損傷におすすめの膝サポーターをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




半月板って?

そもそも、「半月板って何?どんな役割をしているの?」と思われる方も多いですよね。

半月板とは大腿骨(ふともも側の骨)と脛骨(ふくらはぎ側の骨)の間にある、クッションのような役目を果たす軟骨です。

膝関節への荷重を分散したり、衝撃を吸収する働きをしています!

半月板は内側と外側にあり、それぞれ「内側半月板」「外側半月板」と言われ、三日月のような形をしています。

半月板損傷とは

半月板損傷は、スポーツではよく知られている症状で、膝を急にねじったことによって起こります。

特に内側の半月板は自由に動ける度合いが低く損傷を受けやすいので、内側半月板の損傷の方が発症しやすいのです。

スポーツの中では、スキー・陸上競技・レスリング・サッカー・テニス・ハンドボール・バスケットボール・バレーボールなどでよく起こります。

上記のスポーツの共通点は、“急な方向転換”です。

この急な方向転換により膝の内側に負担がかかり、その結果、内側半月板の損傷が起こります。

半月板損傷の症状

半月板の損傷による症状は、

  • 膝が完全に伸びきらず、無理に伸ばそうとすると激痛がはしる(ロッキング)
  • 膝が引っかかるような違和感を感じる(キャッチング)
  • 膝の内側や外側の痛み
  • 関節に水が溜まる(関節水腫)による腫れ

などがあり、特にロッキングは半月板の損傷の典型的な症状と言われています。

日常生活での膝の曲げ伸ばしや、体重をかけた時、正座やしゃがむ時でも膝に痛みが出るでしょう。

半月板損傷におすすめの膝サポーター4選

半月板損傷での膝のグラつきにはサポーターがおすすめです。膝サポーターをつけることによって、膝の痛みの軽減にもなります。

スポーツをしている人やアスリートが半月板損傷をした場合、固定力が高いスポーツ用膝サポーターを選ぶといいでしょう。

それではおすすめの膝サポーターをご紹介します!

スポーツをしている人やアスリート、お仕事や日常でよく動く人のために作られた膝サポーター!

気になる圧迫感はあまりないのですが、しっかり固定してくれます♪

金属などを一切使用していないのでコンタクトスポーツに最適な膝サポーター!

膝関節のグラつきをサポートします。

こちらも金属、樹脂は一切不使用なのでコンタクトスポーツにも使えます。

固定力はしっかりあるのでスポーツにおすすめ!

前十字靭帯損傷用ですが、同時に痛めやすい半月板へのサポートもばっちり!

サイドの樹脂ステーが膝の左右のぐらつきを防ぎます。

さいごに

最後に気を付けてほしいのは、サポーターをつけているからと言って、半月板損傷が治るということではないということ。

どの怪我もそうですが、強い痛みがあるのなら安静にするのが一番です!!

膝の違和感が気になるのであれば、病院や整骨院で一度見てもらうといいと思います(^_^)

一部の損傷が徐々に拡大していく可能性があるので、早期発見&治療をおすすめします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告