親指の付け根が痛い?育児中の腱鞘炎に効くサポーターはこれ!

育児中のママの方で、

「赤ちゃんを抱っこしすぎて親指の付け根、もしくは手首が痛くなった。」

「もう子どもが生まれてから半年以上経つけど、まだ親指の付け根が痛い。」

という方が多いと思います。

その痛み、お母さんの職業病とも言える”腱鞘炎”だと知っていましたか??

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




初めての育児を経験するママに多い腱鞘炎

首が座っていない赤ちゃんを抱きかかえる時や、授乳をする時って変に力が入ったりしますよね。

親指の外側の腱鞘炎は、 育児が初めての新人ママたちによく見られます。

原因は、極端に手首の親指側に力がかかるため、または妊娠によってホルモンバランスが崩れるからともいわれています。

珍しい例では、妊娠中に腱鞘炎になる方もいるくらい、ホルモンと深い関係があるようです。

この痛みは半年から長くて1年続く方もいますし、1人目のお子さんの時は腱鞘炎になったけど2人目はならなかった、もしくは2人目も発症した。

などなど、期間や程度は様々です。

しかし、腱鞘炎になったからといって育児をやめることはできません。

赤ちゃんを抱き上げないわけにもいかないし…

じゃあ、どうすればいいのでしょうか?

初期の場合と慢性的な場合では方法が違います。

初期の腱鞘炎であれば、袋に氷と水を入れたもので30分ほど冷やす(アイシング)といいでしょう。

慢性的な腱鞘炎であれば、温湿布などで温めることがいいでしょう。まずは冷やさないことが大事です。

育児中の腱鞘炎に効くサポーターが便利!

テーピングももちろん腱鞘炎を治療する方法としてはいいのですが、育児をする中で毎日テーピングするのって意外と大変ですよね。

自分ではなかなかうまく貼れないですし、毎回人に手伝ってもらうのもちょっと…と思う時もあると思います。

そんな時におすすめしたいのが腱鞘炎用のサポーターです。

この商品は薄くて軽い素材を使用しているので、育児や水仕事をしている方におすすめです。

ベージュ色で目立ちにくく、日常的に使っていただけると思います!

装着は履くタイプなので簡単で、なによりお手頃価格なのがポイント!(^_^)

こちらはフィット感が高い腱鞘炎用サポーターになります。

自分の手首のサイズにはさみでカットし調節も可能で制限力もアップします!

値段は少し高めですが、巻くタイプなのでフィット感を重視したい方にはおすすめします。

こちらの商品は中度~重度の腱鞘炎用のサポーターです。

お値段はでオープンサムフラットよりさらに高めですが、このサポーターの中にはお湯で軟化して成型できる樹脂が入っているので納得。

フィット感はもちろん、固定力も抜群の商品なので痛みがひどい方におすすめです。

さいごに

腱鞘炎も甘くみていると、手術をしないといけなくなるくらい酷くなるので、日常的にサポーターなどを使い、親指への負担を軽減していきましょう!

抱っこする時は抱っこヒモを使ったり、ご主人に頼める時はお願いしたり、周りの人を頼ってみるのも良いと思います。

親指の付け根が痛くなってきたかも…と思った方は、整骨院の先生に診てもらうのもおすすめです

毎日の育児なので、毎日のケアがとても大事になります。

お子さんの為にも、ご自身の体も大切にしてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告