介護職のつらい腱鞘炎におすすめするサポーター

介護職をしている方は腰痛持ちが多いのはよく知られていることですが、“腱鞘炎”も介護職の職業病と言われるくらい発症する方が多いんです!

「病院で腱鞘炎と診断された」

「最近手首が痛み始めた気がする」

「手首の痛みがなかなか治らない」

など、手首に違和感や痛みを感じるという方、それは腱鞘炎かもしれません。

ここではなぜ腱鞘炎を発症したのか、腱鞘炎の症状やおすすめの手首のサポーターをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




介護職でなぜ腱鞘炎?

介護の仕事は、抱きかかえたり移動の補助をするなど肉体労働が多いですが、大体が腰に負担がかかり、腰痛になる方がほとんど。

腰が痛くなると、腰をかばうように仕事をするようになり、結果いつの間にか手首や腕に負担をかけることになるのです。

この腱鞘炎は介護職を初めてまもない新人さんだけではなく、ベテランさんでも悩む方は多いようです。

腱鞘炎の症状

初めは手首の違和感を感じ、だんだんその違和感が痛みに変わります。

手首や腕に力が入ると痛むので、ドアを開ける時やペットボトルのキャップを開ける時、パソコンの入力作業などをしている時でさえ痛みを感じるようになります。

ひどくなってくると、朝起きた時に手を曲げようと思っても痛くてなかなか曲げれなかったり…。

手首が痛いからと言って、また手首をかばうように仕事をするのもこれまた大変。

炎症をおさえるには手首を安静にして動かさないようにすることが一番ですが、休養をとるのも難しいですよね。

このくらいの痛みなら大丈夫だと思っていても、同じように仕事をしていたらもちろん治るどころか悪化していきます。

腱鞘炎には手首サポーター

「腱鞘炎だけど、介護職を辞めずに続けたい!」「休むことが出来ないので腱鞘炎の痛みをどうにかしたい」という方も多いと思いますが、そんな時におすすめしたいのが手首サポーターです。

手首サポーターは、固定しながら手首への負担を軽減してくれる便利なもの。

ここでは介護職での腱鞘炎におすすめするサポーターをご紹介したいと思います(^_^)

A・リストガード / bonbone

この手首サポーターは手のひらと甲にアルミステーが入っているので、手首の固定力はバツグン!

手首には切替し型ベルトを使用しているので、簡単に絞め込むことが可能です(^_^)

手が小さい人はSサイズ(ジュニア)もあります♪

※固定力はあるのですが、仕事中につけるのなら少し分厚すぎるかもしれません。

ソルボDoリストサポーター
ソルボDoリストサポーター

こちらはA・リストガードよりもごつく見えないサポーター。

手首の動きを妨げないような作りになっています!

しっかりと圧迫固定されるのですが、手首内側への圧迫が少ないので血行不良などの心配はいりません。

サイズはS~L展開になっているので、自分にあったサイズが見つかると思います(^_^)

さいごに

腱鞘炎もひどくなると、最悪手術をすることになるくらいなので、気になる方は一度整形外科などを受診してみましょう。

また、腫れるくらい痛みがひどいと腱鞘炎ではなく「関節リウマチ」の場合もあるので、ご自身で判断しないようにしたいですね。

≫介護職での手首の痛み、腱鞘炎ではなく「関節リウマチ」かも?

また、女性の方は加齢と共に腱鞘炎になりやすい傾向があるので、介護職だけの原因ではないかもしれません。

≫年をとると腱鞘炎になりやすい!自宅で出来る3つの治療法!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告